バーチャルオフィスの電話代行

バーチャルオフィスは実際にそこで仕事をするもの?

バーチャルオフィスは実際にそこで仕事をするもの? オフィスを借りる人の中にはレンタルオフィスを利用する人、バーチャルオフィスを利用する人など様々です。
レンタルオフィスは、一般的な貸事務所と異なり、入居費用がリーズナブルな値段で借りる事が出来るメリットがあります。
一般的な貸事務所を借りようとすれば、保証金が家賃1年分など、家賃が50万円ならば600万円以上の初期費用が必要になりますし、オフィス内で仕事をする時にはオフィス環境を整えなければならないため、膨大なコストが掛かります。
レンタルオフィスは、仕事をする空間があるオフィス、バーチャルオフィスは住所や電話番号を貸して貰うためのオフィスで、自宅が職場になっている人、設立登記のために利用する人、拠点を設ける目的で利用する人などがいます。
バーチャルは架空などの意味を持つため、仕事を行う空間はありませんが、住所と電話番号をレンタルしたい人が利用するオフィスです。
尚、バーチャルオフィスを利用する時には料金形態を比較して選ぶようにしましょう。

バーチャルオフィスの使用用途とは

バーチャルオフィスの使用用途とは 実際にオフィスがあるわけではないバーチャルオフィスの使用用途としては、自宅を登記住所にするのは出来ない個人事業主などがバーチャルオフィスを登記住所とすることがあります。
バーチャルオフィスを登記住所にする事ができれば、公の記録で自宅住所が公開されることはなくプライバシーを守ることが出来ますし、さらに個人事業主から法人となるとき分譲マンションのように管理組合に認めてもらえなくて自宅住所は登記住所にする事ができないという場合にも対応する事が可能です。
またバーチャルオフィスは、駅の近くなど一等地に住所があります。
実際にそのような一等地でオフィスを構えるとなれば、高額の賃料が必要になりますが、実際にそこで働くことはないので、この場合は格安で利用することができます。
そうして一等地でオフィスがあるという形になれば、まだ起業したばかりの個人事業主やベンチャー企業が取引再起に信頼をしてもらうために、そのステータスを利用することも可能です。

新着情報

◎2018/8/6

英語でも対応してくれる
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

貸し会議室を活用
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

バーチャルオフィスの使用用途
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

バーチャルオフィスで起業する
の情報を更新しました。

◎2017/7/5

経費節減可能なバーチャルオフィス
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

サイトを公開しました

「オフィス 用語」
に関連するツイート
Twitter